ゆる速MTG - リミテ&スタンダード

マジックザギャザリング「スタンダード&リミテッド」メイン。マイナーカードが大好きです。

【デッキ考察:十三恐怖症はリミテボム】ライフ操作できる黒赤デッキならピックあるで!

   

DSCN2183

ドラフトだと意外と強いよ?…と噂の《十三恐怖症》を初ピック&初デッキ投入してみたところ良い感じに全勝。1-1で迎えた最終戦3本目に[13]勝利で見事に刺さりました。

次から黒やるときは
積極的にピックしてみるか?

…ということで気分が少し昂揚。
十三恐怖症を少し宣伝してみよう。

SPONSORED LINK

イニ影ドラフト:十三恐怖症入り黒赤マッドネス

メインボード

WS000417

赤黒タッチ緑でマローさんを入れてます。

  • マッドネスカード:合計6枚
  • ディスカード手段:合計6枚

癇しゃく》が欲しかったのですが一度も流れてこず。
骸骨さんはマッドネスカードみたいなもんですね。

サイドボード(一部)

WS000418

使えそうなサイドボードはこれくらい。人間も少ないし、エンチャントオーラが多かったので香炉はサイドへ。結局はデュアルショットしか使わなかったです。

ピック備考

ピック譜:十三恐怖症入り黒赤マッドネス
ピック譜再生サイト:Draft Converter

※ピック譜(.txt)を再生サイトに張りつけると再生できます

soi-170-inazuma

1パック目のレアは《災いの狼》だったので無視して《稲妻の斧》ピックからのスタート。1-2で《氷の中の存在》が流れてきましたが、前の試合でもピックして使ったので今回は流して、《ファルケンラスの後継者》をピック。雰囲気…赤黒マッドネス。

soi-173-jaaku

2パック目のレアは《溺墓での天啓》だったので無視して《邪悪な囁き》ピック。このカードはドラフトだとマジで強い。赤やる理由になるレベル。

でもって…2-3にて《十三恐怖症》が流れてきたのでワクテカしながらピック。

soi-122-marukohu

3パック目にデッキがかみ合う。
マルコフの戦慄騎士》が降臨。リミテボム。

さ・ら・に…リスク付きボムのFoil《黄金夜の懲罰者》も流れてきた。MOでもリアルでも使ったことがなくて初使用。

十三恐怖症-勝利試合

WS000419

決勝卓の○×で迎えた負け先3本目。相手は私の下家で《氷の中の存在》&除去バウンスいっぱいの青黒ゾンビデッキ。

土地2枚だけど手札は重め…ですが除去&マッドネスで3点与えられる上に《十三恐怖症》が揃ってる特殊勝利リーチ状態。土地が4まで伸びて@4点削れば勝てる手札だったのでキープ。

WS000420

  • 2ターン目ドロー:《狂気の預言者
  • 3ターン目ドロー:《
  • 4ターン目ドロー:《

3ターン目のエンドに3点ドレインしつつ相手クリ―チャーを除去。4ターン目に都合よく土地を引いて《狂気の預言者》で速攻パンチ。相手ライフ残り15。

相手は後手4ターン目にゾンビトークン2体出して来たためにオッサンが殴れなくなる。

WS000421

相手がコンバット前に《死の重み》をオッサンに打ってきたのでスタックで《無差別な怒り》をマッドネスで装備。元の2/2に戻りつつ…ルーター効果で《》をドロー。そのまま相手はフルパンでブロッカーは出てこなかったので返しにオッサンで2点を刻んで相手ライフ「13」!!!

相手は何やら構えてる様子だったので《十三恐怖症》はプレイせずに《マルコフの戦慄騎士》をプレイしたところバウンスされる。内心ドキドキ。

WS000422

  • 7ターン目ドロー:《

マルコフの戦慄騎士》をバウンスしたところをみると…打ち消しは持ってなさそうだったので満を持して《十三恐怖症》をプレイ。ついでにチャンプ要因の骸骨を立ててエンド。

そのまま相手ライフ13を維持して特殊勝利。盤面だけ見れば劣勢ですが「7点削っただけで勝ち」…ってリミテだとなかなかのボムな気がしました。特に赤黒なら直接プレイヤーを焼けるスペルもあるので強そう。

構築で十三恐怖症は使えるのか?

DSCN2187

今は白緑《ドロモカの命令》がいっぱいなので…メインから採用するのは厳しそう。とは言え…相手のデッキ次第ではサイドボードからの2枚投入などは意外とありかも。

特殊勝利が決まるとすれば…

  • 単色デッキ(白単人間とか)
  • ペインランド未採用の有効色デッキ

とかでしょうか。
できれば自分もペインランド欲しいね。

ori-120-kegareta

忘れがちですが…
ライフ操作能力も付いており…
重ね張りすることも可能ですよ。

ネタで《穢れた療法》と合わせて、相手クリ―チャーに絆魂バットリ《奇怪な突然変異》を打ち込んだりする電波デッキとか如何でしょうか。

 - デッキ考察