ゆる速MTG

マジックザギャザリング「スタンダード&リミテッド」メイン。マイナーカードが大好きです。

【MTGアリーナ:カードの集め方】ワイルドカード解説・MOとの違い・フレンド対戦の始め方など

   

新規MTGサービス「MTGアリーナ」に関して。

  • カードの集め方
  • MOとの違い
  • ワイルドカード
  • フレンド対戦

などについて解説します。

SPONSORED LINK

MTGアリーナでのカード収集

1:パック購入

ストアにて「1000コインorジェム」で
直接パックを買って剥くことが可能です。

  • 1パック当たり:1000コイン

個人的にはパックを買うよりも
5000コイン貯めてドラフトするほうがオススメ。

パックにはレア以上のカードが
少なくとも1枚入っています。

2:イベント参加プライズ

アリーナでは定期的にイベントが開催されています。

例えば…
500コインで参加できるものとしては

  • インスタント&瞬速カード禁止:insta-ban
  • 各カード1枚までしか使えない:singleton
  • コモンカードしか使えない:スタンパウパー

こういったイベントでは勝ち星に応じて
プライズでレア以上のカードがランダムで入手可能。

3:リミテや構築のパック報酬

リミテや構築の場合はイベントよりも参加費が高い分
プライズとして勝ち星に応じてパックが複数貰えます。

4:ワイルドカード

アリーナはMOとは異なり
カードのトレードが不可能です。

代わりに「ワイルドカード」というものがあり
それを使用することで対応したレアリティの
好きなカードを入手することが可能です。

ワイルドカード補足

例えばMOだとビビアンリードは現在20チケ。

対して、同じエキスパンションの神話レア
アスマディは現在0.4チケとなっています。

MOだと価格が約50倍異なるため
ビビアン1枚とアスマディ50枚が
同じ価値としてトレード可能です。

対してMTGアリーナでは
これらカードを入手しようとした場合
どちらも同じ神話レア用ワイルドカードを1枚消費します。

そのため、MTGアリーナは以下のような特徴があります。

  • ガチデッキが組みやすい
  • クソデッキが組みにくい

マジで安いデッキを組んで回したい場合は
MOのほうが簡単にデッキを組むことが可能。

逆にアリーナは無課金でも長く遊び続けると
ガチデッキが組めるくらいのワイルドカードが溜まります。

5:コード入力

特定のコードを入力することで
パックやカードが貰えたりもします。

誰でも使えるコード
ラブニカ3パック:PlayRavnica

ちなみにラブニカのギルドのプレリリース直後だと、シールドが一回無料で遊べるコードがプレリキットに封入されていました。

ワイルドカードの入手方法

1:パック開封

パックを開封すると一定確率で
ワイルドカードが入っていることがあります。

体感になりますが10パックくらい剥けば
1枚はレアor神話のワイルドカードが入ってる感じ。

2;パック開封ボーナス

パックを剥くごとにパック開封画面の右上のワイルドカードゲージが溜まります。

最大まで溜まると対応したレアリティのワイルドカードが貰えます。

3:ボルト報酬

MTGアリーナではMOのように
カードが売り買いできません。

代わりに4枚以上同じカードを入手した場合
Vaultポイントというものが溜まっていきます。

  • 神話レア:1.1%
  • レア:0.5%
  • アンコ:0.3%
  • コモン:0.1%

このVaultポイントが100%になると「アンコ×3・レア×2・神話×1」のワイルドカードが貰えます。

リミテで特定のカラーばかりピックしていると
Vaultポイントの溜まりが速いみたいですね。

自分はMTGアリーナを開始して約2か月ですが、
これまでに3回のボルト報酬を貰いました。
※リミテ大好きマン

フレンド対戦について

11月半ばに新たにフレンド対戦機能が実装されました。

現在はまだフレンド登録機能はありませんが、
対戦したい相手のIDを直接入力することで対戦可能。
※IDはお互いに入力する必要があります

追々実装されるとは思いますが
現時点ではシングル戦のみ対応しています。

画面右上のダイレクトチャレンジボタンを押すことでID&デッキ選択画面が表示されます。お互いに連絡しあったうえでIDを入力して待機状態にすることで対戦可能です。

一方的にIDを入力しただけでは対戦できないのでご注意を。

***

関連記事:【新規向けMTGアリーナ解説:無課金で遊びつくす方法】資産の増やし方

 - MTGアリーナ