ゆる速MTG - リミテ&スタンダード

マジックザギャザリング「スタンダード&リミテッド」メイン。マイナーカードが大好きです。

【カード考察:無情な処罰】悪性の疫病でトークンデッキ対策!ハンデス系カードを絡めて10点ダメージ

      2016/02/28

remorseless-punishment

Remorseless Punishment / 無情な処罰 (3)(黒)(黒)
ソーサリー
対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーは、カードを2枚捨てるか、クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体を生け贄に捧げないかぎり、5点のライフを失う。この手順をもう1回繰り返す。

20円くらいで買う事のできるゲートウォッチの安レア。でもって面白い《無情な処罰

相手に対して…

  • カード2枚捨てる
  • クリ―チャー1体生け贄
  • プレインズウォーカー1体生け贄
  • 5点ライフロス

上記いずれかを2回選択させる。
刺さり方次第で10点ダメージ。

癖が強く、wiki曰く「相手に選択権のあるカードは弱い」との事なので使い勝手は微妙か? ただし…本カードに関しては、効果そのものは割と大きい故に使っていて非常に楽しい。

ニヤニヤ顔で無情な処罰を唱えるには?

SPONSORED LINK

vsトークンデッキに弱い

token

本カードにて「プレイヤーに10点ダメージ」を与えられれば「一応OK」とするならば、できるだけ戦場が綺麗な状態で唱えたいのが無情な処罰。そんな状況を邪魔してくれるのがトークン。

ori-229-tousai

現在のスタン環境だと、《ナラー夫妻》や《搭載歩行機械》、エルドラージ末裔トークンを利用したデッキも多く、それらデッキ相手には「トークン2体を生け贄!ハイ終わり」が見えているだけに唱えるに唱えられず、手札で腐ることがかなり多かったです。

さすがに5マナ使ってゴブリントークン2体倒してもおいしくない。

悪性の疫病でトークン対策

Virulent Plague

Virulent Plague / 悪性の疫病 (2)(黒)
エンチャント
クリーチャー・トークンは-2/-2の修整を受ける。

と言うワケで勝負はさておき無情な処罰を気持ちよく唱える為に…トークンデッキに強いエンチャント《悪性の疫病》をメインから採用しても良いように思う。龍紀伝のカードなので、もうしばらくスタンで使用できるのも嬉しい。

ハンデスに火力としての価値が上乗せ

kyouhaku

こじつけ的なところがありますが…無情な処罰の効果の一つに「手札を2枚捨てる」という選択肢があります。それ故に、本来ならば相手の手札/戦略を確認したり、カードを捨てさせる事が主目的であるハンデスに「ダメージ(5点ライフロスを選ばせる確率上昇)」という付加価値が加わることになります。

な・の・で

無情な処罰を採用したデッキの場合は《強迫》や《精神配信》、《難題の予見者》といったハンデス絡みの妨害カードと一緒に使えば相乗効果が期待できるのではないでしょうかね~。

試しに作ってみたデッキ。
参考:無情な処罰デッキ

 - カード考察 , ,