ゆる速MTG - リミテ&スタンダード

マジックザギャザリング「スタンダード&リミテッド」メイン。マイナーカードが大好きです。

【デッキ考察:黒緑「ギトラグの怪物」コントロール】vs人間カンパニーの対抗勢力になる可能性

      2016/05/16

the-gitrog-monster (4)

2016年4月15日のFNMはドラフトの予定が…イニ影が売り切れてしまったことにより急遽スタンダードへ。自分は人間メタ「昂揚&ギトラグの怪物」コントロールデッキを持ってたのでそれで参戦。

初戦から人間カンパニーに当たりましたが、相性的にも黒緑は対抗馬になれそうな可能性を感じました。

そんなお話。

SPONSORED LINK

ギトラグの怪物デッキ考察

the-gitrog-monster (12)

イニ影神話レアの伝説のカエル

The Gitrog Monster / ギトラグの怪物 (3)(黒)(緑)
伝説のクリーチャー — カエル(Frog) ホラー(Horror)
接死
あなたのアップキープの開始時に、あなたが土地1つを生け贄に捧げないかぎり、ギトラグの怪物を生け贄に捧げる。
あなたの各ターンに、あなたは追加の土地を1つプレイしてもよい。
1枚以上の土地カードがいずれかの領域からあなたの墓地に置かれるたび、カードを1枚引く。
6/6

5マナで接死持ちの6/6カエル。

アップキープ開始時に土地を1枚生け贄にしなければいけないものの、生け贄にすることで土地が墓地に落ちて2ドロー可能。それに限らず、いずれかの領域から土地カードが墓地に置かれるたびに1ドローできる。

土地も追加プレイ可能なため…
生け贄にしてもリスクは殆ど無い。

毎ターン2枚以上ドローできる強さ

the-gitrog-monster (13)

説明するまでもありませんが
いっぱいドローできるのは強い。

今回は墓地から戻ってくる土地《溺墓の寺院》もありますからね。

進化する未開地

ori-246-shinka

新たなフェッチ(笑)…ってわけじゃありませんが、フェッチが無くなった新環境では利用する人も多いでしょう。カエルが戦場にいる状態で未開地を切ればそれだけで1ドローのオマケがついてくることになります。

荒廃した湿原

bfz-230-kouhai

黒含む5マナ支払って生け贄にすることで対戦相手に布告を強要する土地カード。効果を使うことにより土地(自身)が墓地に落ちるのでカエルがいる状態であれば1ドローのオマケがついてきます。

風切る泥沼

ogw-171-kazekiru

黒緑には3マナで起動できる
接死を持つミシュランがいるよ。

ブクブク…と膨れ上がる人間デッキを牽制するのにも役立ちますし、カエルがいる状態であれば相撃ちしたとしても、こちらは1ドローできることになります。カエルはミシュランとの相性もいいんやで。

破滅の道

bfz-123-hametsu

クリ―チャーorプレインズウォーカーを破壊することのできる黒の除去呪文。オマケの能力として「覚醒4」が付いています。

覚醒4で《溺墓の寺院》にカウンターを4つ乗せる。仮に除去られて死んだとしても墓地に落ちてカエル効果で1ドロー。能力を起動することで戦場に戻ってくることもできます。

分かれ道

soi-205-wakare

イニ影で追加されたコモン2マナソーサリー。デッキから基本土地を探し「1枚手札・1枚墓地」に置くカード。墓地に基本土地が落ちることによってカエル効果で1ドローのオマケが付いてくる。

土地事故も防げますし、土地とソーサリーが墓地に落ちるので昂揚が達成しやすくなります。昂揚って意外と「土地」が落ちなくて困ることがあるので使い勝手は良好。

ランプ的な効果はありませんが、
デッキが圧縮できるのは嬉しい。

悪意の調合

soi-135-akui

起動能力を持つ1マナエンチャント。「黒1マナ・1点ロス・ライブラリトップ1枚を墓地・1枚ディスカード・悪意の調合を生け贄」にすることでクリ―チャー1体を破壊できます。

昂揚が非常に達成しやすくなる上に、手札から土地を捨てたり、ライブラリトップが土地ならカエル効果で1ドロー。カエルや昂揚と非常に相性がいいですね。

※手札から土地を捨て、デッキトップが土地で墓地に落ちた場合は効果が2回誘発するので2ドローになります

ムラーサの胎動

ogw-141-mura-sano

6点回復が割とマジで強力なインスタント。回復しつつ墓地からクリ―チャーor土地が回収できます。クリ―チャーがいない場合でも《進化する未開地》を回収することで、カエル効果により1ドローする事も可能ですね。

個人的に好きなインスタントでして、前環境で使用していたオムナス上陸デッキにて《ゴブリンの闇住まい》によるおかわりムラーサの胎動は強力でしたね。今季も愛用コモンになりそう。

精神壊しの悪魔

soi-124-seishin

ギトラグと同じくイニ影の神話レア。コイツの場合は伝説のクリ―チャーではないので横に並べる事も可能。CIP能力として戦場に出た際にライブラリ4枚を墓地に置く。

この効果によって土地が墓地に落ちればカエル効果でドローできる可能性があります。カエルとの相性は抜群。昂揚未達成ならアップキープ開始時に4点ダメージを受けてしまいますが、専用にデッキ構築すれば基本的には大丈夫な事が多い。4マナ4/5飛行トランプルはマジメに強い。

死天狗茸の栽培者

soi-202-shitengu

こちらはカエルとのドローシナジーはありませんが、タップすることで黒or緑のマナを生み出すことが可能なマナクリ。昂揚を達成することで接死持ちになる。

カウンターもりもり人間に対して、
接死は対抗できる能力なので強いね。

土地守

soi-208-tochi

2マナ起動能力により墓地の基本土地を回収できるクリ―チャー。試しに入れてみたんですが、こいつで土地を回収するよりも他にマナを使用したほうが良いことが多くて微妙でした。

1マナクリ―チャーを採用する場合は《甘やかす貴種》や《ジャディの横枝》のほうがおそらく役に立つ。

僕がデッキで採用しているカエルシナジー持ちのカードはこんなところ。他にも相性の良さそうなカードとしては…

リリアナの憤り

soi-120-ririana

黒緑ゾンビデッキならば入るかもしれないXマナソーサリー。X枚のカードを墓地に置き、クリ―チャーカード1枚につき2点のダメージを指定したプレイヤーに与える。

カエルがいる状態で放てば、墓地を肥やしつつ対戦相手にダメージを与え、さらにドローのオマケが付いてくる。※友人が作っていたカエルデッキに採用されてました

タッチ赤:罪を誘うもの

soi-181-tsumi

イニ影で注目されている
赤色の威迫持ちデーモン。

アップキープ開始時にライブラリトップを公開。対戦相手は「そのカードを墓地に置く」を選んでもよいが、それを選択した場合はマナコストに等しい点数のダメージを受けることになる。

土地がめくれた場合は本来ならばノーリスクなので墓地行きなのだが、カエルがいる状態であれば「土地を墓地に置く」を選ぶと追加ドローのオマケがついてくることになる。カエルと合わせることでデメリットを完全克服できる。

他にも赤には…

など土地を捨てつつ…
メリット効果のあるカードが多数。

赤黒マッドネスにタッチ緑でカエルを入れてみるのもいいですね。

除去コントロール

the-gitrog-monster (22)

上記で紹介したカードに加え、
除去カードを積んだコントロール。

衰滅はメインから3枚積みましたが
現環境ならアリな気がしますねぇ。

人間には非常によく刺さる。

ギトラグの怪物》や《精神壊しの悪魔》は生き残ってくれるのもデカイっすね。

the-gitrog-monster (29)

あとは昂揚効果にて3マナ支払うことで
4/3に変身しつつクリ―チャー破壊のBBA。

親切な余所者》は昂揚デッキなら構築でも使えるかも。

ということで作ったデッキがコチラ。
参考:黒緑「ギトラグの怪物」除去コン

上記デッキレシピにてピン刺しクリ―チャーが多いのはカードを1枚ずつしか持っていない為です。 本音としては《精神壊しの悪魔》をもう少し増やしたい。近日中に買う予定ですw

サイドボードは適当なんですが置物破壊とハンデス等を試しにいれてる状態…適当です。《蟻走感》とか面白いです。《知恵の拝借》はメインから入れてもいいかも?…って強さでした。

黒緑はクリ―チャーも強いですし、除去も多く、置物にも触れることができるカラー。ハンデスも使用できるので、今季スタンで活躍するであろう人間~白系色に対抗できる可能性アリかなぁ~って思っています。

衰滅》はPT後に値上がりしそう。
人間倒したい人は4枚買っておこう。

スタンダードFNM試合結果

the-gitrog-monster (32)

スイス3回戦:
試合結果は1勝2負。

1試合目

soi-233-hukutsu

  • 相手デッキ:白緑人間カンパニー
  • 試合結果:○○

実は初めて《不屈の追跡者》を使われたんですがやっぱり欲しくなりましたね。手掛かりでアドを稼ぎつつ、ぶくぶくと肥大化していきました。

ですが…
コチラは《衰滅》積みまくりで
横並びだけは許さないマンになる。

永遠の見守り》を2枚張られてヤバかったりもしましたが…《ギトラグの怪物》・《死天狗茸の栽培者》・《風切る泥沼》の接死トリオで牽制することで勝利。目的であった人間カンパニーとは戦える可能性は感じました。

バントカンパニーで《反射魔道士》が入ってくると話が変わりそうですが…。サイドから《無限の抹消》でぶちぬくしかないな。

2試合目

ori-236-guren

  • 相手デッキ:青赤ゴーグルLO
  • 試合結果:×○×

メインは《紅蓮術師のゴーグル》や《氷の中の存在》が入ったSCGでも少し話題になったバーン系デッキの亜種。サイドから《スフィンクスの後見》を積んだLOデッキにシフト。

1本目はダブマリスタート。相手もマナフラ気味でしたが残りライフ2まで削るも《紅蓮術師のゴーグル》から《マグマの洞察力》による4ドローで火力を引かれて焼かれる。

2本目は置物破壊をサイドからイン。後見もゴーグルもブチ壊すマン。緑や白を触っていると置物に強いのが良いですね。

3本目は時間切れ。これからって盤面で早々に終了。う~ん…不完全燃焼。MOやってるとリアルでも対局時計がちょいと欲しくなるね。

3試合目

ogw-13-heni

  • 相手デッキ:白青タッチ黒エルドラージ
  • 試合結果:××

メインの除去に《闇の掌握》ではなく、
究極の価格》を使用していたので腐る。

エルドラージが残ってる事を考えると
メイン《闇の掌握》のほうがいいのかなぁ…。※迷い中…

試合内容としては割と接戦。おせおせムードな感じでリードをとれたものの、ピンポイントで《衰滅》が3枚抜かれた後に《希望を溺れさせるもの》登場。カエルとの相性は最悪かもしれんなぁ。…からの、おかわり《変位エルドラージ》が出てきてまくられましたね。

ってな感じで…

新スタン一発目は仮組みしたカエルデッキで挑んでみたわけですが、印象としては「カエル強いやん★」ですね。接死はvs人間への圧力にもなりますし、土地絡みのドロー加速はシナジーも沢山あって使っていて楽しい。

ちゃんと調整すれば
ワンチャンありそう。

カエルおすすめです。
デッキ:黒緑「ギトラグの怪物」除去コン

 - カード考察, スタンダード, 対戦記録 , , , , , , , , ,