ゆる速MTG - リミテ&スタンダード

マジックザギャザリング「スタンダード&リミテッド」メイン。マイナーカードが大好きです。

【基本セット2020:スタンダード活躍期待30選】アーリーアクセスで気になったカードたち

      2019/07/07

基本セット2020の発売がいよいよ迫ってきました。

今回はMTGアリーナでの先行プレイ(アーリーアクセス)を見ていて
こいつは「スタンダードで使われる!?」と思ったカード30枚を紹介。

シングル買いなどをされる方などは参考にしてみてください。

あくまでスタンダードで考えています。
モダンが主になりそうなカードは割愛。

  • プレリリース:2019年7月5~7日
  • 発売日:2019年7月12日

関連記事

SPONSORED LINK

スタンダード活躍期待の30枚

カードナンバー順に掲載

1:群れの力、アジャニ

ライフゲインに寄せまくった場合
奥義もかなり狙えそうな印象でした。

マイナスから入ってクリーチャー生成。

盤面に確実に干渉できるあたりが
M19》と《灯争大戦》アジャニよりも使いやすそうな印象。

2:帰寂からの帰還

条件付きの2マナインスタントの
最大2枚分パーマネントリアニ。

書いてることかなりエグイです。

など白単でも
出来ること多々あり。

ベナリア史が落ちたターンに
廃墟の地起動でマナ加速しながら釣る動きとかしてみたい。
※流行るようならサイドから黒力戦必須か?

3:暁の騎兵

見てた感じやっぱり雑に強そう。
書いてることがとりあえず強い。

4:塩水生まれの殺し屋

クロパデッキと非常に相性のいい魚。
青単が環境最後にまた暴れそうな予感。

5:風の騎兵

コントロールデッキで使われてるのを見ましたが
フィニッシャーとしても強さはかなりな印象。

ディミコンなどのフィニッシャーとしてはかなり期待。

6:空の踊り手、ムー・ヤンリン

先手2ターン目にクリーチャーを出しつつ
3ターン目にヤンリンが着地した盤面を見ましたが
めちゃくちゃえぐかったです。

エスパーなどのコントロールよりは
テンポデッキやミッドレンジのほうが相性良さそうな印象でした。

7:名高い武器職人

ファクト限定マナクリで
1マナで特定のカードをサーチすることも可能。

持ってこれるカードの強さはさておき
1マナタップで生きてる限り複数回アドが取れるので
中々に悪いことをしてくれそうな予感。

8:幽体の船乗り

青単/青白スピリット/青入りビッグマナ系デッキなど
色んなデッキの1マナ飛行枠として採用しやすい印象でした。

9:骨への血

アンコモンのリアニスペルとしては破格。

クリーチャー1体生贄が必要ですが
墓地クリーチャーリアニメイト&墓地回収付き。
悪いことしてくれそうな印象。

10:戦慄の存在

沼(基本土地じゃなくてもOK)が出るたび
上陸効果で「1点ルーズ1ドロー」or「任意のターゲットに2点」

  • 対称な対応》から《風景の変容》を積み込み
  • 沼INで1ドローからのスケープシフト大量沼サーチで上陸大量誘発

このコンボは見てて面白かったです。
デッキを煮詰めれば構築も行けるかも。

11:苦悶の権化

M20のタルモゴイフこと期待のデーモン。
普通に5/5とかのサイズで出てたのを見ましたね。

  • ゴルガリ系
  • 墓地シナジーデッキ
  • コントロールのフィニッシャー
  • マルドゥ《カーリア》デッキ

色々と相性の良いデッキが多く
活躍が期待されそうなカード。

12:漆黒軍の騎士

期待の1マナ吸血鬼。
冷静にみてパンプ能力「3マナ:+3/+3&接死」は破格。

ドミナリアの黒黒黒
戦慄の影》が泣いてます。

私が見たときはソリンと合わせて
9/10のサイズで殴ってましたね。

13:軍団の最後

グッドサイドボード。
同名全追放に加えてハンドが見れるアドは超デカい。

14:朽ちゆくレギサウルス

毎ターンハンド1枚捨てるデメリットは想像以上に大きいが
それを帳消しにできるくらいの優れたマナレシオが魅力。

ハンドが0枚ならデメリットが帳消しなのも嬉しい。天敵は《チビハゲ》。

15:傲慢な血王、ソリン

想像以上に強い印象。
スタン落ち前の本環境では活躍がかなり期待できる。

ブラネルが白黒ヴァンプを回してたそうですが
22勝3敗とかなり強かったみたいです。

16:目覚めた猛火、チャンドラ

アンコモンですが
やはり性能的にはレアかそれ以上っぽいです。
構築でも使われる可能性十分にアリ。

エレメンタルデッキと合わせるなら
3マナチャンドラよりもこちらのほうが採用率高くなるかも。

17:新米紅蓮術師、チャンドラ

強い。
間違いない。

18:チャンドラの調圧器

チャンドラデッキを組むなら
マストパーツになりそうな面白カード。
ビッグレッドがまた見れるかも。

19:発火の力戦

刺さる相手は《白力戦》と少し被りそうですが
赤いデッキが取れるサイドボードとしてはかなり強そう。

特にグリコンはこれ1枚でゲロ吐くと思います。

20:無法の猛竜

恐竜デッキに足りてなかったパーツ。
こういうのが必要だったんだよ。

みたなのもあるっぽいです。

21:豊穣の力戦

唯一メインから採用できそうな力戦。

BBDが緑力戦4積したバントランプを回してましたが
ニッサがいる状態だと森から3マナ出たりで…
マナの量がえげつないことになってました。

フラッド受け能力付きなのも嬉しい。

22:夜群れの伏兵

アーク弓》との相性抜群な瞬速持ちの狼系ロード。

サイズも緑らしく4/4と良サイズなので
環境次第では活躍が期待できそうな一枚。

23:変容するケラトプス

アーリーアクセスではサイド無しだったので何とも言えませが
青いデッキに対してはエグイくらいに強い印象でした。

起動能力で到達を得ることも可能なので
青単はコレ1枚で死んじゃう可能性アリ。

24:天頂の探究者、カーリア

ドラゴン抜きの天使デーモンデッキでの使用を見ましたが
引っ張ってくるカードのパワーが高いこともあってかなり好印象。

イクサラン環境が部族環境だったこともあり
実はその期間だけ「ドラゴン・デーモン・天使」が珍しく抜けています。

なのでスタン落ち後のほうが
場合によっては強くなる可能性ありますね。

25:隠された手、ケシス

見てた感じでは
ドミナリア環境の伝説ソーサリーとの相性はかなり高そう。

クリーチャーデッキ相手なら
白の伝説ソーサリー》連発で相手台パンかな。
※伝説と土地以外すべて追放

構築ワンチャンありそうでした。

26:乱動の座、オムナス

かなりの方がティムールエレメンタルを回していましたが
概ね好印象との回答。オムナスも想像以上に強かった…と。

アグロ好きで有名な台湾の殿堂プレイヤー「LeeShiTian」曰く
序盤の遅さが気になるもののデッキの感触は良いとのこと。

エレメンタルデッキは期待度-大

27:発現する浅瀬

想像以上の爆アドエンジン。
エレメンタルを組むなら概ね4積。

現在30円くらいですが
100円くらいまで上がる可能性アリ。

28:墓掘りの檻

下環境でも使われているグッドサイドボード。

エンチャに触れない色でも
赤い運ゲー製造機《実験の狂乱》を抑えられるのは偉い。
イゼット系や《指揮》デッキなどにもそこそこ刺さります。

29:祖先の象徴

無色のアーティファクトアンセム。
3マナ起動でフラッド受けが付いてるのが嬉しい。

全体修整系の置物はイクサラン環境に多く
スタン落ち後に殆ど落ちてしまうので

部族デッキを組む場合の置物としては
今後はこちらが主流になっていくのかなぁと思います。

30:鋼の監視者

モダンで人気のデッキ「親和」でも使われているカード。

現スタンには
目立って強いアーティファクトがいないものの
本カードの効果は見て分かる通り非常に強力。

今後追加されるカード次第では
スタンでも活躍の可能性アリ。

おまけ1:占術ランド

どうみても強いです。
対抗色のほうが本環境は強くなるかもね。

  • 有効色:白青/青黒/黒赤/赤緑/緑白
  • 対抗色:白黒/青赤/黒緑/赤白/緑青

おまけ2:茨の騎兵

アリーナで新環境M20が早速プレイできるようになりました。

実は新環境で個人的に一番使いたかったカード。
早速ワイルドカードを割いて作ってみたんですがクソ強いです。

アーリーアクセスでは誰も使ってなかったのですが
想像以上の強さだったので今回の爆上がり株の筆頭かも。

管理人の超オススメの一枚。

騙されたと思って1000枚買っとけ!!!!!

***

基本セットにしてはやはりカードパワー少し高め。
新デッキも出てきそうなので楽しみでございます。

関連記事

 - MTGアリーナ, カード○選